信用情報をクリーンにしておく

消費者金融の審査における信用情報とは、これまでの借り入れ履歴のことです。
例えばキャッシング、カードローン、各種ローン、また、あまり知られていませんがクレジットカード払い、携帯電話の分割払いも一種の借り入れになりますので、こちらの情報も登録されています。
今までに一度でも借り入れ申し込みや契約をした方は個人信用情報機関にて、その情報が登録されているのです。
そして、この個人信用情報が審査に最も影響する項目として重視されています。
その理由として、借り入れには返済があるためです。
お金を貸す以上は返済をしてもらわなくてはなりませんが、例えば他社からの借り入れがあり、そちらの返済が滞っている場合、新たにお金を貸したところで返済をしてもらえる可能性は少なくなります。
もし返済してもらえないなんてことになれば赤字を出してしまうことになるため、事前にこれまでの借り入れ履歴がチェックされるわけです。
ただ、過剰な借り入れはしていない、きちんと返済できているという方なら問題なく融資を受けることができるでしょう。
よって、信用情報でひっかかってしまいそうな場合は、申込みをする前に使っていない会社との契約は解除する、返済が滞っている場合は返すなどをして信用情報をクリーンにしておくことがすすめられます。
下手をするとブラックリストに登録されてしまい、すると数か月~数年はその情報は消えなくなってしまうので、正しく借り入れをしていき、いつでもスムーズに審査に通過できるようにしておきましょう。